ホーム > なぜ冬に感染症が流行るの?

毎年冬には、かぜやインフルエンザにかかってしまう人が増えてきます。

なぜ冬に感染症が流行るのでしょうか。

 

♦冬に感染症が多いのはなぜ?

1つ目:ウイルスの感染力が強くなる

冬の乾燥と低い気温がウイルスが好む環境であり、感染力が強まります。

ウイルスが好む環境は16℃以下、湿度は40%以下。

新型ウイルスにいたってはなんと、インフルエンザの5倍の生存があるといわれています。

気温 31℃  生存日数 1日

気温 22℃  生存日数 7日

気温  4℃  生存日数 14日

このように気温が4℃の場合では2週間近くも付着した場所で生存しているという結果も観測されています。

さらに、冬の乾燥した空気ではウイルスも長い間空中を浮遊していますので、注意が必要です。

冬は乾燥が強いのを実感される方も多いと思いますが温湿度計を設置し、エアコン、加湿系など使って室内の環境をしっかり保つようにしましょう。

 

2つ目:免疫力が低下してしまう!

腸内環境を整える食事をとる事、規則正しく良い睡眠をとる事。免疫力を高めるには体調管理はとても大切なことです。

身体の免疫を支えているのは、免疫細胞です。

体中の免疫細胞の約7割が腸にあるといいますから、体の免疫の中心的存在なのが、腸になります。

悪いウイルスや菌など異物が体内に侵入してきたとき、真っ先に反応して排除してくれる頼もしいやつです。体中の免疫細胞の約7割が腸にあるので、腸内環境を整えておくと、免疫力が上がっていきますので、ヨーグルト(明治R-1)や納豆、食物繊維等がおススメです。

そして冬の寒さや乾燥している事によって、体の水分が不足していることも免疫力の低下につながります。乾燥していると喉や鼻の粘膜が乾燥し、感染に対する防御機能が弱まってしまいます。

さらに冬は喉が渇きにくく感じる為、注意が必要です。

 

♦感染を防ぐ、広げないために・・・

湿度を保つようにすること。加湿器を使って屋内の湿度をたかめることや水分をしっかり摂ること、マスクで喉や鼻の湿った状態を保つこと。

腸内環境を整えて、良い睡眠をとり体調管理を万全にしておくこと。

 

 

 

しかし、目に見えない脅威に対しては、どれだけ準備しても不安ですよね。

そんな緊張した毎日のストレス・不安感を軽減するのに、感染症対策商品を組み合わせて生活すると効果もより高くなります。

 

 

プラズマクラスター(シャープ株式会社登録商標)はみなさん良くご存じですよね!

 

電気的にプラズマを発生させて、イオンの力で空気中のウイルスや臭い、花粉やアレル物質を不活性化するシステムで、(故 中川英之 工学博士)により第1作目として開発されました。

 

エアコンや空気清浄機に搭載しているタイプも多く、車内の空気トラブルを解決する車から電源をとるタイプなど多くの方が使用されていると思います。

 

そんな中、故 中川博士の第2作目として開発されたのが、電気も必要なく身につけるだけで効果が望める「エアデザインカード」です。

 

イオンの力で空気を清浄するカード

【Air Design】エアデザインカード(詳しくはこちら)

 

 

有効使用期間3年間

3500円/枚(税抜)

になります。

 

1か月あたりわずか97円

1日あたり約3円。マスクより経済的です。

毎日忙しく働かれている皆様。

大切な方とそのご家族のためにもいかがでしょうか。